デリケートゾーンの臭い

デート日にはデリケートゾーンの臭い対策は忘れずに!

デート日にはデリケートゾーンの臭い対策は忘れずに!

デリケートゾーンの臭い対策を忘れたら大変な事に

女性のデリケートゾーン(股間)の嫌な臭い対策はデートの時には必ずするようにしましょう!

仕事で汗をかいた股間の臭いは強烈ですし、おりものの臭いも独特の臭いです。生臭いって言われた経験がある女性も多いはず。

デリケートゾーンの臭いは下着を脱いだだけでも、すぐにわかります。プールや海の更衣室、職場の更衣室やトイレが生臭いニオイの時は、大体がデリケートゾーンのニオイです。

脱いだ瞬間にすぐに臭うので、好きな男性とイチャイチャする時に臭ったらもう大変。。。

7割の男性がデリケートゾーンのニオイを気にしてる!

いくつかのアンケートを見ると、エッチする時に女性器のニオイが気になる・嫌なニオイだと感じた男性は実に7割程度もいます。

「お互い様では?」と言いたいところですが、女性器の仕組みは男性より複雑で汚れやすいのは確かなこと。下着への密着度も高く尿だけでなくおりものも分泌する女性は、清潔にしていないと嫌なニオイを発してしまうことがあるのは事実なのです。

ニオイの原因は尿やおりものに含まれるたんぱく質等の成分が、皮脂に含まれる雑菌によって分解されるから。

菌の活動は高温多湿になるとより活発になるので、締め付けられた小さな下着は菌にとって最高の場所。蒸れて繁殖するには格好の条件になってしまうのです。

またおりものは通常の健康時でもちょっと酸っぱいニオイがします。

これは膣内に乳酸菌の一種であるデーデルラインライン桿菌が常駐していて、膣内を酸性に保ってくれているから。このため女性器はヨーグルトやチーズのような、乳製品のニオイに例えられるのです。

デリケートゾーンのニオイが臭い結果・・・

ベッドタイムを嫌がられる

ベッドタイムを嫌がられる

2人で楽しみにしているベッドタイムを嫌がられる可能性があります。

男性も女性も好きな人とイチャイチャするのは大好きなはず。でも、デリケートゾーンのニオイが臭いだけでベッドタイムを嫌がられて、一緒に寝れない可能性があります。

アソコが臭い女性と一緒に寝たいって男性ってほとんどいないですからね。。。

初デートの時でもデリケートゾーンのニオイ対策は忘れちゃダメ。

初デートだからって言って男性がベッドに誘わないと思ったら大間違いです。男性があなたに一目惚れしてあなたも男性に一目惚れしたら、初デートなんて関係なしにお互いが愛を求める為にベッドインしたくなると思います。

その時にもしデリケートゾーンが臭いとニオイに気になってせっかくのベッドタイムを心から楽しむ事ができなくなります。。。

ラブタイムを楽しむためにも、しっかりとデリケートゾーンのケアはしましょう♡

デート当日のデリケートゾーン臭い対策方法

私生活の改善

問題なのは膣内のバランスが崩れ、より強いニオイを発することです。女性ホルモンの影響で、自分ではどうしようもない時もあります。

ただストレスを抱えると体がアルカリ性に傾くので、膣内も同じように変化し悪玉菌が増えてしまうように、体や心の健康を整えることもニオイ対策には必要です。デート前夜もアロマ等で心と体をリラックスさせましょう!

また食生活も肉類や脂肪分の高いものばかり食べるのはダメ!野菜や果物を多く摂り、便秘やむくみのない巡りの良い体にするように!

デート日前日から対策する!

女性の下着は肌に密着しているのでムレやすく、高温多湿状態になってしまいます。

これは雑菌がとても好む状態な上に、尿やおりもの・汗といったたんぱく質を含む成分が触れることになります。
これらは菌にとって格好のエサになり、さらに増殖することになるのです。

夜にお風呂に入っても就寝中に汗をかいてしまいますから、デートの日は出掛ける前に下着を替えていきましょう。

また気をつけたいのは下着の素材です。お洒落な下着、特に勝負下着と呼ばれる類のものはナイロン製が多いですよね。こうした下着はデザインが良くても通気性に関してはNGなのです。通気性が悪いともちろんムレます。ムレると雑菌が・・・となってしまうので、ベストな対策は替えの下着を忍ばせておくこと!いざという時がきたら、タイミングを見て履き替えれば完璧です。

いざという時に備えるには、前夜の入浴時からじっくりケアが必要です。

前述のように膣内は細菌による自浄作用があるので、石鹸等で洗わずお湯だけで十分です。しかしひだの部分である大陰唇や小陰唇は丁寧に洗わなければいけません。おりものの白いカスやトイレットペーパーが残りやすいので、洗浄剤をよく泡だてて指で優しく洗います。

皮膚が弱い部位なので、強くこすらないよう注意してくださいね。

アンダーヘアのお手入れも効果的

またニオイが気になる女性にお薦めしたいのがアンダーヘアのお手入れです。

毛は雑菌の温床になります。ですから、毛を減らすだけでかなり有効なニオイ対策になるのです。家で手入れする際は充分に気をつけて処理して下さいね。今は脱毛サロンでVIO脱毛を行うことも一般的になっています。

自分でお手入れするのが不安なら、サロンを利用するのも良い方法です。

ここまで気を配ればニオイに対する不安は相当軽減されるはずです。
それでもニオイがある場合はスソワキガの可能性も考えられます。その場合でも基本的な対策は同じですが、専用のクリームを使用する等の対策も行ってみましょう。

おりものが多くニオイが強い時は性病に罹っていることが原因の場合も。いつもと違うおりものやニオイを感じたら、婦人科の受信をお薦めします。性交渉からだけでなく、免疫力が落ちている・抗生物質を服用している時にかかることもあります。

またアンダーヘアを整えるとニオイも抑えられます。毛は雑菌の温床。余計な毛は手入れしてしちゃいましょう。欧米ではアンダーヘアはエチケットとしてほとんどの人がお手入れしています。日本でもブラジリアンワックスが流行したり、脱毛サロンでのVIO脱毛がポピュラーになってきましたよね。こういったサロンで処理するにも一考です。

ただ、デート日前日にVIO脱毛に行く事は難しいと思うので、今のうちからVIO脱毛を予約しておいて、ニオイ対策をしておきましょう♪

デリケートゾーンのムダ毛処理はコチラの記事にまとめているので、参考にしてみて下さい!!⇒デリケートゾーンのムダ毛処理は脱毛サロンに任せるべき!

通気性の悪い冬はこまめにトイレに!

ストッキングやタイツも通気性に気をつけたいもの。夏場は通気性の良いタイプが多く出回りますが、冬は防寒性の高いタイツの出番。年々デニール数が上がっていく昨今は、暖房の効いた室内では汗ばむこともある程ですよね。

その中でタイツを履き、さらにパンツを重ねていたりすると、ふとした時に自分でニオイを感じる人も少なくないはず。

かといって寒さ対策も欠かせないものです。その場合はこまめにトイレに行きウォシュレットで洗浄する、ニオイが気になる時はデリケートゾーン用のウェットティッシュもお薦めです。デリケートゾーンが清潔になるので、雑菌の繁殖が防げて非常に効果的です。

裏技として赤ちゃんのおしりふきでも代用できます。赤ちゃんの肌でも使えるので、肌に刺激の優しいもの。お値段的にはこちらの方がお得なので、お財布が厳しい人にはこちらがお薦めです。

デリケートゾーン専用のサプリとボディーソープが一番安心!

サプリとボディーソープでダブルケア

体内からでるニオイの原因アンモニア臭をサプリで対策。そして体外はボディーソープで対策。デリケートゾーンでお悩みならばこれ

ダブルでケアしないとデリケートゾーン臭いはなかなか消えないです。

デリケートゾーンの臭い対策で多いのが、石鹸のみでケアする方法なんですが、この方法だとどうしてもニオイが少し残ったり、消えなかったりするので、困っちゃうんですよね。

なので、ダブルでケアした方が安心♪

人気のデリケートゾーンソープはコチラ⇒デリケートゾーンでお悩みならばこれ

大好きな男性とのせっかくのベッドタイムやラブラブタイムをアソコのニオイの悩みがあると、全然楽しめないです。

キスしてる時に、好きな男性の手が股間に近づいていくにつれて、臭いが気になって大丈夫かな。って心配してると、濡れなかったりイケなかったりして、ベッドタイムを心から楽しむ事ができません。

ちゃんと対策して気持よく彼氏や好きな男性とイチャイチャしちゃいましょう!

まとめ

デリケートゾーンの臭いで悩んでいる女性は本当に多いです。でも、あまり対策していない女性も多いんですよねー。

少しでもニオイが気になっている女性は早めに体臭対策して、彼氏や好きな男性に嫌な思いをさせないように。デリケートゾーンのニオイが変わるだけでベッドタイムの男性の行動も変わってきます♪

今まで嫌がっていた事もしてくれたりするので♪

若い時は全然臭っていなかったけど、年齢を重ねるにつれてデリケートゾーンの臭いは刺激が強くなってくるので、早めに対策しておけば、いざという時に脱いでも何も問題なくラブタイムを過ごす事ができます。

気になっているなら早めに対策しておきましょう♪じゃないと、好きな男性に逃げられちゃうかも。

デート日以外の日常生活でデリケートゾーンに悩みを抱えている女性はコチラのページも参考にしてみて下さい!デリケートゾーンの悩みについてまとめています。⇒デリケートゾーンの悩み

デリケートゾーンの臭い対策できる石鹸をコチラで紹介しているので参考にして下さい!⇒デリケートゾーンの臭いを対策できる石鹸ランキング!


サブコンテンツ

このページの先頭へ