脱毛サロン

VIO脱毛メリットとデメリットについて

VIO脱毛メリットとデメリットについて

VIO脱毛気になる事

欧米ではエチケットとして、ワキの脱毛以上にデリケートゾーンのお手入れをするようですが、日本でもこれほどまでにVIO脱毛が受け入れられたのは何故でしょうか?

そのメリットと、気になる脱毛の流れについて説明していきます!

VIO脱毛について

VIO脱毛の「V」はビキニライン、一般的に下腹部からアンダーヘアまでの範囲です。「I」は膣や尿道周囲からお尻に続くライン、「O」は肛門周囲となります。ですのでVIO脱毛とは、それらの部分を脱毛することを言います。

VIO脱毛のメリットと言えば、何と言っても『下着の隙間からアンダーヘアが漏れ出さない』という所です。

せっかく可愛い下着をはいてバッチリ決めたのに、隙間からビヨーンと陰毛が出てきたら、それだけで気分が台無し、何だか気になって仕方ないですよね。でもVIO脱毛を受けてしまえばもうそんな心配はいりません。

自分ではカバー出来ないデリケートな部分だからこそ、トラブルにならない為に、専門家の素晴らしい知識と技術を活かした施術を受けて頂きたいと思います。

ですが、「病院でも恥ずかしいのに、見ず知らずの人に向けて、いきなり自分の大事な所をオープンするなんて出来るはずがない」っという気持ちがあるのも当然です。それにIやOラインを脱毛しても大丈夫なのか心配ですよね。本来『毛』とは大事な所を守る為に生えていると言われています。

「スッパリなくなってしまっても大丈夫?」そんな疑問の答えをまとめみました。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛の最大のメリットは、自己処理が必要なくなること。

特にお洒落に敏感な女性であるほど、下着や水着にまでこだわりますよね。しかし可愛い下着や水着って形が小さいものが多い!そういった下着に合わせるため、毎度毎度デリケートゾーンのお手入れをするのも面倒になりますよね。

パンツスタイルが好きで、Tバックを愛用している人も同様でしょう。その場合は更にIOゾーンの脱毛の必要性を感じているかもしれません。

またVIO脱毛のメリットは、見た目だけではありません。

脱毛をすることで、ニオイを抑えることも出来るんです。夏に汗をかいた時、生理中など自分でふとニオイに気になることはありませんか?デリケートゾーンは蒸れやすく、毛には細菌がたくさん付いています。その汗が細菌と結びつくことで、ニオイを発生してしまうんです。

つまり脱毛してしまえば、ニオイも軽減されることに繋がります。

ニオイだけでなく、蒸れることでかゆみが出ることもありますよね。
こうしたことも軽減されるんですよ。生理の時には毛が絡まって痛かったり、毛は意外と邪魔な存在です。

さらに自己処理を続けた肌は色素沈着し、黒ずんでいきますよね。
恋人とのベッドタイムで気になってしまうことはないでしょうか?
手触りがザラっと、チクチクしていないか、気になって甘い時間に集中できなかったり・・・。
VIO脱毛を済ませてしまえば、そういった不安が無くなるので、自信を持てることも大きなメリットと言えるでしょう。

メリットをまとめると下記になります。

①下着や水着の隙間からアンダーヘアが漏れ出さない。
②月経の時の経血が陰毛に絡みつかなくなる。
③脱毛してしまうので、陰毛で繁殖していた臭いを発生させる雑菌がいなくなる=消臭効果が出る。
④自分で分からない所も他者の目で見て確認しながら施術してもらえるので、脱毛残りがなくなる。
⑤自分で脱毛処理した時の様なトラブルがなくなる

VIO脱毛で人気の脱毛サロンをコチラにまとめているので、参考にして下さい!⇒VIO脱毛にピッタリの人気脱毛サロンランキング!

サロンでのVIO脱毛の流れ

このように様々なメリットがあるVIO脱毛ですが、実際にサロンで行う時はどのように施術するのでしょうか。

特に気になるのは施術時の姿ですよね。他の脱毛部位より格段に恥ずかしさが高く、いくら相手が脱毛のプロの女性でも羞恥を感じてしまう人もいるでしょう。

サロンによっては施術時に紙のショーツを着用し、施術する箇所だけを露出して光を照射してくれる所もあります。それであれば少しは恥ずかしさも軽減されるでしょうか?体験の際などに確認して見て下さいね。

またサロンで脱毛をする日までに、自宅で自己処理をするように言われます。こうした時はデリケートゾーン用のシェーバーを使うのがベストですが(剃刀などでは危険です)、Vゾーンは比較的楽に出来ます。

しかしIOゾーンは自力では厳しい・・・。出来ない事は無いのですが、中々敷居の高い作業ではあります。
こちらもサロンによっては別料金でシェービングしてもらえます。
IOゾーンは繊細な部分でもあり、傷つけると怖い部位でもあるので、不安がある人は頼んでしまった方が良いでしょう。

そして脱毛自体についてですが、IOゾーンは全て処理してしまう人が多いようなのですが、Iゾーンに関しては全て無くしてしまうとVとの自然な繋がりが無くなり、むき出しになってしまうことも。

一度脱毛してしまうと、以前のように生えてくることはまずありません。Vゾーンのデザインも、20年30年後までを考慮して決めるようにしましょう!

VIO脱毛ができるサロンをこっちにまとめてますので参考にして下さい!⇒VIO脱毛にピッタリの人気脱毛サロンランキング!

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のデメリット

①クッションの役割となっていた陰毛がなくなった事で、陰部の皮膚と下着が直接こすれ合い皮膚トラブルが起こる可能性がある。

②下着と陰部の皮膚が直接こすれて膣内に細菌が侵入しやすくなる。

③陰毛が少なくなると下腹に冷えを感じる方もいる為、月経痛がひどくなったり、月経不順やホルモンバランスが崩れる可能性がある。

④他人に自分の大事な部分を見せるので恥ずかしい、などが挙げられます。

まとめ

メリットとデメリットを考えると、一長一短あります。

陰部周辺の皮膚はとてもデリケートですし、施術後に何らかの症状が出るか出ないかも個人差があります。だからこそ、専門家の知識や技術が必要になってきます。自分ではカバー仕切れない所をフォローしてもらえれば、安心して施術を受けることができますよね。

また、下着から陰毛がはみ出て欲しくないけれど、IやOラインを完全に脱毛するのは気が引けるという方に朗報です。

ほとんどのサロンで自分から細かな注文ができ、自然な仕上がりになる様に調整をしてもらえるとの事です。またVラインも卵型やスクエア型など自由に選ぶ事ができる様です。是非、自分好みに注文してみて下さい。

VIO脱毛は恥ずかしい気持ちはあるでしょうが、サロンの方もプロです。

そんな事は百も承知とばかりにさりげなくフォローしてくれます。ここは思い切って大事な部分をオープンしてみてはどうでしょう?きっとその恥じらい以上のお返しが帰ってくること間違いなしです!是非トライして下さい!

でも、やっぱりサロンでVIO脱毛するのには抵抗がある。。。って方は家庭用脱毛器を使っての処理がオススメです♪最近の家庭用脱毛器はサロンレベルの処理ができるものが多く、家庭用脱毛器で全身のムダ毛を処理している女性も多いです。もちろん、VIO脱毛をすることも可能。セルフで処理するより全然いいです♪人気の家庭用脱毛器をコチラにまとめているので、参考にして下さい♪⇒自宅で脱毛できる人気家庭用脱毛器ランキング!

その他の部位のムダ毛処理をコチラにまとめています!!⇒女性ムダ毛処理


サブコンテンツ

このページの先頭へ