脱毛サロン

レーザー脱毛するならクリニックとサロン良いのはどっち?

レーザー脱毛するならクリニックとサロン良いのはどっち?

レーザー脱毛について

脱毛する時に施術してくれる施設がたくさんあり過ぎて、何処に通えばいいのか悩む事はありませんか?

値段も全身30万円前後の所から100万円くらいまで幅広くあります。

サロンではキャンペーン期間等もあって、とてもお得そうだし高級感あふれる感じ。クリニックでは価格は高め設定が多いけれど、医師が常時いて安全性が高そう…。どれを選べばいいのか分からない方の為に、簡単に少しまとめてみました。

サロン

サロン

多くの施設でキャンペーンを実施していたり、1回の施術を低価格で行っていたりしています。

施設の内装も高級感あふれる雰囲気で、リラックス効果がある環境が整えられています。

スタッフの接客対応も素晴らしいものがあり、さり気ない気使いでフォローしてもらえます。サロンでの脱毛は光脱毛です。照射パワーも低く設定してあります。照射パワーは低めなので、施術最中~後の痛みもほとんどありません。皮膚トラブルを起こす事もあまりありません。

医療機関ではないので、基本的に皮膚に障害を与える可能性がある行為は出来ません。

ですので、照射パワーが低い為、一回の施術価格が安く、脱毛効果が得られるまでの通う回数はクリニックと比較して多くなります。

さらに、施術途中でもし皮膚トラブルが起こった場合は、別の皮膚科医院に通院して治療する事になります。医師が脱毛施術が治療に悪影響を与えていると判断すると、施術に通う回数が途中であっても、ドクターストップがかかってしまいます。ですので皮膚トラブルが治るまで通うことが出来なくなってしまいます。

それでも、ドクターストップは強制ではないので、助言を聞くか聞かないかは本人次第になります。結果的には自己責任でお願いする形になります。

脱毛サロンについてもうちょっと詳しくこのページで紹介しているので、参考にして下さい!!⇒もう迷わない!人気脱毛サロンランキング!

クリニック

クリニック

一番の大きな違いは医療機関で医師が常にいるという点です。

医療機関としてのクリニックでは、治療を目的とした過程の中で、一時的に起こる外傷や障害は、治療の一貫として認められます。つまり、結果的に治療する事が可能ならば、少しくらいの荒療治はOKという事です。

ですので、脱毛レーザーの照射パワーは、サロンよりも強めです。

しっかりと毛根の細胞を破壊するレベルを当てるわけですから、レーザー照射最中〜後の痛みがしっかりとあります。痛みは個人によって感じ方が違う為、人によっては局所麻酔(局所麻酔といっても注射ではありません)を使って行う場合もあります。

麻酔が使えるのも医療機関だからです。

またレーザー照射の後は軽度のヤケドを負ったのと同じですので、しっかりと後の治療を行います。照射パワーは強めなので、脱毛効果が得られるまでの通う回数はサロンよりも少なくなります。さらに、施術最中に皮膚トラブルが起これば、同じクリニックで治療が可能です。

治療最中であっても、引き続き脱毛の施術を受けたければ、医師の指導監修のもと継続して施術を受ける事ができます。

治療に関しては、施術とは別で医療保険の適用になりますので少し追加料金がかかります。さらに悲しい事ですが、施術最中に、もし大きな皮膚トラブルが起こり、人生の中で障害となる様な事象が起こった場合は、医療裁判で相手方に責任を負ってもらう事が可能です。

これも国家資格を持って施術(医療行為)を行っているからです。ですので、これらの事を踏まえて、お値段はサロンよりも断然跳ね上がる事になります。

まとめ

どうでしたか?サロンとクリニックを比較してみると、一長一短があります。判断基準は簡単です。

自分がどうしたいか、どんなものだったら続けられるかですね。痛みがあるのは嫌だとか、安くしたいだとか、手厚いフォローをしてもらいたいだとか、高級感あふれる接客を受けたいだとか様々です。

この記事をみて、サロンやクリニックで脱毛しようと思っていたけど考えが変わった。。。って方は自宅で家庭用脱毛器を使用してムダ毛処理をするのもありです。最近の家庭用脱毛器はサロンレベルの脱毛器が多く、あなたが思っているよりかも綺麗に処理してくれます♪また、自分の好きなペースで処理するので、サロンやクリニックに通う必要もないのでかならラクです!こちらに家庭用脱毛器についてはまとめているので、よかったら参考にして下さい!⇒自宅で脱毛できる人気家庭用脱毛器ランキング!

脱毛効果を得ようと思えば、短期でも長期でも通い続けなければいけません。どれが一番自分に向いているか考えてみて下さい。女性のムダ毛処理についてもうちょっと詳しくコチラにまとめています!!⇒女性ムダ毛処理


サブコンテンツ

このページの先頭へ