デリケートゾーンの臭い

スソワキガのチェック方法と臭い対策方法について!

スソワキガに悩む全ての女性へ!もう悪臭に困る必要なし!

まずは、スソワキガをセルフチェック!

女性は下着が常に密着した状態にあるので細菌繁殖がしやすく、さらにおりものの分泌もあります。

そのためスソワキガかそうでないか、判断が難しいのです。

しかしワキガ体質同様に、以下のようなチェックに該当する場合はスソワキガである可能性もあります。複数項目に該当すれば、その確率は高いとも言えるでしょう。

  • 両親もしくは片親がワキガ
  • 耳あかが湿っている(入浴後以外でも)
  • 汗をかいたワキ部分の衣類が黄ばむ
  • 乳首にもワキガ臭があり、ブラジャーが黄ばむ
  • デリケートゾーンの毛が太く濃い。範囲が広い
  • 彼氏から臭いを指摘された

それでは詳しく説明していきます。

ワキガは遺伝体質?耳や乳首も手がかりに

ワキガは遺伝体質?耳や乳首も手がかりに

両親がワキガ体質であれば、かなり確率は高いでしょう。片方なら約半数、両親供の場合は80%が遺伝してしまうと言われています。

耳あかが湿っている、軟耳垢(なんじこう)もワキガと関係が深いもの。ワキガの原因になるアボクリン汗腺はワキやデリケートゾーンと同じように、耳にも存在しています。

つまり耳あかが湿っているということはアボクリン汗腺の活動が活発で、汗が分泌され湿っていると言えるのです。

乳首からニオイがする場合はスソワキガの確率が高いと言われています。ブラジャーの内側が黄色くなっている場合は可能性が高いので、ニオイを確認してみましょう。

下着はおりものによる黄ばみと判別しにくいのですが、尿や膣の部分ではない、毛が多いところに黄ばみがある場合はスソワキガを疑う必要があります。毛には雑菌が多く存在するので、汗が付着しニオイの元を生成しやすい場所に該当するのです。

一番分かりやすいのは彼氏の指摘!

一番分かりやすいのは彼氏の指摘!

彼氏による指摘がシャワーを浴びた後であるなら、スソワキガである可能性はかなり高いです。

アボクリン汗腺は性行為のように興奮状態では活動が活発になるので、よりニオイがきつくなることも考えられるのです。指摘する方も熟考の上、相手によかれと思い指摘してくれたのだと捉え、落ち込まず対策をとることを考えましょう。

病院に行き専門家の判断を仰ぐのも一考です。

強いニオイやおりものの色が普段と異なる場合、スソワキガではなくカンジタやトリコモス膣炎、クラミジアといった性病に感染していることも考えられるのです。

婦人科や産婦人科で診察してもらえるので、こういった可能性がある場合は早めに診察を受けて下さい。恥ずかしがって受診しないと、より悪化して長引く結果になってしまいます。

スソワキガの対策方法!

スソワキガはいわゆるデリケートゾーンのワキガに該当するものです。

ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗の成分が分解し、皮脂などの雑菌に触れることで強い臭いに変化すること。

アポクリン汗腺は通常の汗を出すエクリン汗腺とは違い、体の特定の部位にしか存在しません。ワキの下や耳、乳首・肛門、そして陰部にも存在しています。これはアポクリン汗腺がかつてフェロモンを出すと言われていた名残りなのでしょう。

スソワキガの場合はさらに相談しにくい問題であり、女性としての魅力に自信が持てなくなることさえあります。

ただ、ネガティブに捉えているより前向きに考えてみましょう。スソワキガは自分で気づかないことも多いもの。気づいた人は対策することで出来るのです。

解消法も色々ありますから、まずは手近な方法から試してみましょう。

今すぐにでもスソワキガを解決したい!!と思っている方はコチラを参考にして下さい。⇒デリケートゾーンの臭いを対策できる石鹸ランキング!

正しい洗浄法をマスターする!

女性器はその複雑な構造上、汚れが溜まりやすい場所。女性の場合はさらに肛門とも近い・生理があることが、男性よりスソワキガが多い原因と言えるでしょう。

そのためしっかり汚れを落とす必要がありますが、落としすぎも問題なのです。

皮膚には常駐菌と呼ばれる細菌が常駐しています。この常駐菌がいるお陰で皮脂を守り保護してくれているのですが、強い洗浄力を持つボディソープで洗うとこの常駐菌まで殺してしまい、結果として悪玉菌を繁殖させ状態を悪化させることになってしまいます。

ですから弱酸性のものや、デリケートゾーン専用の石鹸をしようするようにしましょう。

また膣の内側にも自浄作用のある常駐菌がいます。バランスを崩すとカンジタ等の病気になってしまう恐れもあるので、石鹸は使わずお湯だけで洗い流すようにします。

大陰唇や小陰唇はよく泡立てて、優しく泡で包みこむように洗います。ナイロンやスポンジではなく手で洗いましょう。

忙しいとシャワーだけで済ませてしまいがちですが、ゆっくり湯船につかることも大切です。

ストレスを溜めこむと体がアルカリ性に傾き、常駐菌も悪玉菌有利な環境に陥ってしまいます。入浴剤やアロマも入れて、心からリラックスして下さいね。

食生活で体の内側からも対策!

スソワキガの原因であるアポクリン汗腺からの汗には、たんぱく質や脂質が含まれています。

これが分解されることで臭いを発生するので、動物性たんぱく質や脂質の摂取は控えるように心がけたいものです。またアルコールや喫煙も、臭いの元が血流に乗って全身を巡り悪臭の原因となるもの。なるべく控えた方がよいと言えます。

逆に推奨したいのは脂質や糖質の代謝を促すビタミンB群を多く含む食品。穀類や豆類等がその代表です。

野菜や果物はビタミンが多く積極的に食べたいものですが、中でもニンジンやブロッコリー、トマト、マッシュルームは悪臭の元になる過酸化脂質の発生を抑える作用があり、特にお薦めです。

陰部のムダ毛を処理する!

スソワキガの人は臭いだけに注目してしまいがちなんですが、実は!陰部のムダ毛を処理するだけで臭いを軽減させる事ができます。陰部のムダ毛を全く処理していない人。セルフ処理している方。臭いを軽減させるにはプロに施術してもらうのが一番です♪

コチラにデリケートゾーンのムダ毛処理についてまとめているので、参考にしてみて下さい♪⇒デリケートゾーンのムダ毛処理は脱毛サロンに任せるべき!

デオドラント剤を活用する!

最近はワキガ対策に効果のあるデオドラント剤が多く出回るようになりました。
こういった商品も積極的に活用していきましょう。

直接塗るタイプだけでなく、デリケートゾーン用のウエットティッシュも販売されています。これなら外出先でも手軽にケアできます。スソワキガは分解される前の対策が重要なので、常備していると安心です。

またスプレータイプのローションもあります。こちらは下着に吹きかけても効果があるので、ウエットティッシュ同様にバッグに入れておきましょう!!

スソワキガを放っておくデメリット!

スソワキガを放っておくと本気で男性に嫌われる可能性が非常に高いです。下記にスソワキガを克服しない場合のデメリットをまとめたので、男性からどう思われるか参考にしてみて下さい。

生理的に受付けられない

顔も性格も好みの女性をやっと口説き落とし、いざ甘い一時を!と意気ごんだベッドの中。

コトが進む内に彼女の匂いが強烈であることに気づき、精神的ダメージを受ける。何とかコトを済ますもその衝撃は強く、好みであるにも関わらず匂いが生理的に無理で自然とフェードアウトしてしまった。
こうした声は少数ではないようです。

時には1回の行為で相手の前から姿を消したという人も!

ニオイに関しての感覚は個人差が大きく、好きな人であればどんなものでも平気な人もいます。

しかし逆もまた然り。生理的に無理と感じ、受付けられないのも仕方ないことではあります。本人が気づいているなら「対策をして欲しい」と思いますし、気づいていないと「何故?」と憤る気持ちにすらなってしまうようです。

本人に指摘しずらい!

スソワキガはまさにデリケートな問題だけに、指摘してしまうと相手を傷つける恐れもあります。それゆえ堂々と指摘できる人は少ないでしょう。

相手のことは好きなのに臭いは無理。出来ればそういった行為は避けたい・・・。そう考える内に自然と距離を置いてしまい、本当の理由を告げられないまま別れにいたることも少なくありません。

相手を思って優しく指摘してあげるのが正解か、我慢すれば良いのか。
確かに難しい問題ですよね。

ましてやそれほど思い入れがなく軽いノリでコトに至った場合は、何も言わずに去るのみという選択肢になってしまいます。

まとめ

スソワキガは女友達にもなかなか言えずに悩んでいる女性も多いと思いますが、しっかりケアすればよくなります。

ただ、自分自身でもスソワキガかも。と気づいているのに対策をしない場合は絶対によくなりません。しっかりと認めてケアするようにしましょう!しない場合は、男性からも本気で嫌われる可能性があるので要注意!!

スソワキガやデリケートゾーンに悩みを抱えている女性はコチラのページも参考にしてみて下さい!⇒デリケートゾーンの悩み

下記にデリケートゾーンの臭いやスソワキガを対策できる石鹸をまとめてますので、参考にして下さい!


サブコンテンツ

このページの先頭へ