隠れ・プライベートビーチ

沖縄の川といえば大自然に囲まれた源河川!

「沖縄ってやっぱり川だよね」って事で、大自然に囲まれた源河川に行ってきた。

海より川が好きな人もいるでしょう

海が好きな人もいれば、川が好きな人もいるので、
今回は、大自然に囲まれた源河川を紹介します。

川のいいところは、ベタベタしないってとこですね。
サラサラって感じなので、泳いでも水浴びしなくていい。
後は、自然に囲まれているので空気が違う。
癒されるってイメージがあると思います。

源河川に行ったら癒されてこんな感じで語るはずです。

源河川の感想

よく分からない言葉で、
永遠に熱く語ります(笑)

では、紹介します。

スポンサードサーチ

スポット紹介

源河川は行き方が複雑です。
後ほど住所を掲載しますが、とりあえず58号線を北上。
ココから源河川に行きます。

源河川はココから行きます。

近くで見たらこんな感じ。
後で住所掲載しますが、源河小学校を目印にして下さい。

源河小学校を目印に

右折後、直進します。

右折後、直進します。

直進後、わかれ道になっているので、右へ。

直進後、わかれ道になっているので、右へ。

で、しばらく直進。

で、しばらく直進。

すると、右にたまご販売機の看板があります。
ここを通りすぎます。

たまご販売機の看板

通りすぎたら、
小さい橋があるのでそこを右に。

小さい橋を右に

写真には写っていないですが、小さい橋を右に曲がると自動販売機があるので飲み物を買う場合はこの場所で買うようにしてください。奥まで行くと販売機はありません。

後は、直進していくだけです。

しばらく直進。

直進していくと右手にコカコーラの販売機があります。販売機も通り過ぎて、更に直進します。

コカコーラの販売機目印

販売機を通り過ぎたら、こんな感じです。
まだ直進します。

まだ直進します。

さらに直進。
この場所から右折できる道がありますが、
ずっと直進して下さい。

さらに直進。

到着です。駐車場はありません。
車は路駐です。他の車に迷惑にならないように路駐して下さい。

到着です。

何て書かれているかわかりませんが、
これが目印ですね。

目印

停車後、近くから下に降りれるようになっています。
右奥に見えるのが、さっきの目印。

下に降りれるようになっています。

川はこんな感じです。

源河川写真1枚目
源河川写真2枚目
源河川写真3枚目

もっと撮影したかったんですが、
この日は休日で、家族で遊びに来ている人が多く、
子供が多かったので、撮影はあまりできなかったです。

いい場所で、子供が泳いでいるんですよね(笑)

この場所から、奥に行っても泳げます。
行くとしても、下記の場所までがいいですね。

奥に行ってもこの場所まで

これ以上先に行っても、泳げる場所は少ないです。

住所掲載

住所は、源河小学校付近の住所を掲載しておきます。

〒905-1141
沖縄県名護市源河1038番

源河川詳細

スポット名 源河川(げんかがわ)
入場料 なし
駐車場 あり(路上駐車)
トイレ・更衣室 なし
販売機 なし(持参)

まとめ

海もいいですが、川もいいですよ。源河川は家族で遊んでいる人が多かったですねー。川でランチしてたりしていました。最高ですねー。川ランチ(笑)

一応ですが、げんががわじゃなくてげんかがわなので間違えないように。

源河川に行ったらこんな感じで友人に語って下さい(笑)

源河川の感想

源河川は観光客におすすめの観光スポットなので、沖縄へきた時は是非一度行ってみてください!

沖縄旅行に関してコチラにまとめてますので、参考にして下さい!⇒沖縄旅行を楽しむ為の情報とおすすめ観光スポットガイド!

では!


サブコンテンツ

このページの先頭へ