隠れ・プライベートビーチ

沖縄の滝と言えばター滝で決まり!

沖縄の滝と言えばター滝で決まり!

ター滝行けるとこまで行っちゃった

沖縄の人はもちろん、
観光客や外人にも人気のスポット「ター滝」に行って来ました。

滝が見える場所まで歩いて行くんですが、
それがいいんですよね。
達成感みたいのがあって、
「行ってよかった」って気持ちになります。

ター滝に行ったら、
パワーを貰い過ぎて、こんな感じで語るはずです。

ター滝を難しく語る人

誰も納得できない、
難しい例えで、永遠に語ります(笑)

では、紹介します。

スポンサードサーチ

スポット紹介

大宜味村へ向かいます。
この場所を右折。

大宜味村へ向かいます。

近くで見たら、こんな感じです。

近くで見たら、こんな感じです。

右折後、直進します。
ココと書かれている場所まで向かって下さい。

ココと書かれている場所まで向かって下さい。

すると、ター滝入口の看板があります。
右折後、直進して下さい。

ター滝入口看板

ずっと、直進すると下記の場所に到着します。
ここから突入します。

ター滝駐車場

案内がでているので、
進んじゃって下さい。

ター滝の案内

ター滝につくまで、
写真のようなロープがいろんな場所にあります。
このロープを使って、どんどん進みましょう。

ター滝ロープ写真

進んでいくと、滝に到着。

ター滝上

今回、ター滝の写真は少なめです。
「行けるとこまで」がメインなので(笑)

写真で見ると、
すぐ着くと思うかもしれませんが、
滝まで、10分ぐらいは歩くと思います。

さらに上へ

ター滝の左側から上へ登れるようになっています。

ター滝の左側から上へ登ります。

登り終わったら、
ジャングルみたいな道を進みます。

ジャングルみたいな道

ここまで行くと、滝は見えないです。
森だけですね(笑)

ター滝の上から見た木

ロープを使って、下に降ります。

ロープを使って、下に降ります。

到着。

ター滝の上に到着

右に行ったら、滝を上から見る事ができます。

上から見たター滝

ロープを降りて、
左に行っても泳げる場所があるんですよ。

左に行って奥まで進むと、
写真のような場所が見えてきます。

左に曲がって奥まで行くと・・・

到着。
ター滝ジュニアです(笑)

プチター滝

ロープを降りてから、
この場所までは、10分ぐらいですかね。
ター滝に行くときと違って、
登ったり、降りたりはないので歩きやすいです。

人が多い時は上まで行こう

ター滝って人気のスポットなんで、
本当に人が多いんですよね。
撮影した日も、
車が停めてあって休日と思うじゃないですか。

平日午前9時です(笑)

休日は、もっと人が多いでしょう。

人が多いと川の水って濁ったりします。
上まで登ると人がいないから水が綺麗なんですよね。

ター滝付近。

ター滝付近。

ター滝ジュニア付近。

ター滝ジュニア付近。

大変かもしれませんが、
是非上まで登って下さい(笑)

あと、サンダルは滑る可能性があるので、
クロックスとかがいいですよ。

住所掲載

沖縄県国頭郡大宜味村字津波

ター滝詳細

スポット名 ター滝
入場料 なし
駐車場 あり(路上駐車)
トイレ・更衣室 なし
販売機 なし(持参)
服装 濡れてもいい服装 ※サンダルよりマリンシューズ

注意点

ター滝は観光客にも人気の沖縄観光スポットで行きたい方も多いと思いますが、悪天候の場合は行かないようにして下さい。事故なども起こっているので、危険です。

まとめ

ター滝の感想

とにかく、すんごいって事です(笑)

沖縄旅行に関してコチラにまとめてますので、参考にして下さい!⇒沖縄旅行を楽しむ為の情報とおすすめ観光スポットガイド!

では!


サブコンテンツ

このページの先頭へ